「朝に汽車」

扇風機と自分との間には確かに距離があるのか
首振りにするとよく分かる
この僕の下心とか
飛ばしていってくれないかと他力本願
あなたには
今日も会えない

ずぶ濡れの猫がどのくらい濡れていたのか
触れて乾かせばわかる
僕も濡れていたんだ
君が乾くまでの間ずっとね
体温が
実に体温らしいことをした

空が朝々しい色をしている
朝が来たのだろう
悲しみという汽車と楽しみという汽車
どちらに乗ればあなたに会えるだろう
[PR]
by yasuharakenta | 2011-07-11 15:13 | 詩、歌詞