「もう百」

百篇の詩を書いた
誰も気付かない小さな校正が
あなたのこころを打つと信じた
不安定な自らの回転の中で
世界の回転を描いていた
今も何もわからないまま
誰も気付かない細やかな装飾が
どこかの国で波及していく
いつか不意に流れた涙は
きっと僕が流した
後は君に気付いてほしい
高解像でも追えない心情が
君の友達にも干渉していく
もう百数えてる間に
必ず見出して
[PR]
by yasuharakenta | 2013-07-05 22:33 | 詩、歌詞