「老夫婦と本(二)」

老夫婦の間にはいつも本があった
四百頁程の少し重そうな本だった
老夫婦の手が手だけで触れることはなかった
二人は時々本の上で手を合わせた
表紙はいつまでも変わらないのに
互いの手は少しずつ乾燥していた

老夫婦の間にはいつも本があった
老夫婦はもう車の運転をしなかった
けれどラジオを聴くために時々車に乗った
老夫婦は懸かるどんな音楽も好んだ
本という絶対があるから
後は何でも愛すことができた

老夫婦の間にはいつも本があった
老夫婦は時々セルフタイマーで写真を撮った
写真を撮るのに最適な場所をいつも時間を掛けて考えた
ちょうどいい場所が見つかると老夫婦は喜んだ
並んで写真屋に行くときが
とってもしあわせなんだと言った
[PR]
by yasuharakenta | 2013-07-12 15:22 | 詩、歌詞