「誕生の唄」

罅割れたミュージックプレイヤーが
狂って音楽を再生した

小さなスピーカーから聞こえる終焉の唄が
乱雑に誕生の唄になる

崩れはじめた世界のバランスは
同時に再構築されていった

もはや過去の時計を合わせても
すぐに現在からずれてしまう

秒針さえ速度が変わる世界
ただひとりにだけ響いた音楽

急に強まった鼓動が
行く先の決定を証明していた

d0247413_23445183.jpg

[PR]
by yasuharakenta | 2013-08-03 23:54 | 詩、歌詞