「ふたりでふたり」

二回目の合図で君が気付いて
えーって顔をして笑った

秘密の合図だったのに
確認がいつも大きすぎちゃう

なのにそんな言葉
急に耳元で言ったりして

君の声が大好きだから
なんて言われても笑っちゃうけど

僕、君のこと嫌いになれるのかな

手を繋いでいこうよ
どこだっていいんだって
君が行きたいところも行くよ
しょうがないなあって顔をするけど
わざとだから許してね

カメラはいつもセルフタイマーで
どんなふうに撮れるかを楽しみにした

明日もきっと会えるのに
痛むこころが不思議だった

帰りの音楽で泣いちゃったんだよ

手を離してもいけるよ
僕らはふたりでふたりだもん
でも一緒にいたいからね
たまに過度に伝えちゃうけど
きっとわかってね

見えない合図でも君が気付いて
どうしてって言って困惑した

僕がどれだけほめられても
君はいつもすごすぎちゃう
[PR]
by yasuharakenta | 2013-08-05 21:39 | 詩、歌詞