「希望の星」

希望の星と呼ばれたのはいつの時代のことだっけ
時代と呼ぶほどの年月を重ねるなんて思ってなかったよ
随分と絶妙なバランスで
なんとかやってこれたなあ

こんな暮らしのはずじゃなかったと思ったこともあったっけ
今では今の暮らし以外良くも悪くも想像できない
そういえば犬も飼いたかったな
これは今からでも間に合うか

ポップミュージックってすごいよ
みんな笑顔にしちゃうんだから
俺そんなことしてきたかななんて
思わずに笑顔になれるよ

今日はお酒だっていいじゃないどうか付き合ってくれよ
こうして近くで飲めるなんて思ってもみなかったよ
夢のようにうれしいよって
酔った台詞じゃなかったのさ

ホームセンターで選んで集めて作った小さな棚
悪くないねって言ってくれたのが忘れらんないなあ
そのうちにこれも燃えちまうかな
これもというのは俺もって意味だよ

あのイントロ考えるのどのくらいかかったのかな
イントロで歓声を起こすなんてほんとすごいよみんな
手を差し伸べ合うってなんだかいいよなあ
良い気持ちにしかなれないよ

もうすぐに眠るよ
でもまだ寝ないよ
子守唄が楽し過ぎるから
まだ起きていたいよ

希望の星と呼ばれたのはいつの時代のことだっけ
あれは誰の希望だったのかなあ
まだ燃えているともしび
ひとまずぼくをともす
[PR]
by yasuharakenta | 2013-08-10 22:47 | 詩、歌詞