「欺く」

かなしくて海にきたけど

海はなにも解決しない

なにも解決しようとしない

ここまで頼ってきたのに

しおかぜにも吹かれない

おべんとうの容器にもとじこめられないかなしみは

体内にとどまったまま

変わらずわたしを蹴り続けた

みずいろのすなはまでひとり

わたしはなんとか苦笑いをして

そしてふと気がつくと

まわりの音が聞こえてた

なにも解決しようとしない

ゆりかごみたいな波の音は

わたしが聞いてるあいだはずっと

わたしをごまかしていてくれた
[PR]
by yasuharakenta | 2013-09-03 23:59 | 詩、歌詞