「かなしみ」

君がかなしみをふしあわせとよぶなら
僕はもう君をしらない
時間がたったらなくなるかなしみも
悲しいけどあるんだよ

涙がでるきもちもたぶんわかるよ
君が思うかんぜんはふかんぜんだったんだから
僕もまだわからないことばかり
それはきっと希望なんだよ

君がかなしみのとりあつかいにこまっても
僕はもうなにもできない
時間がたっても残るかなしみは
よろこびなのかなあ
[PR]
by yasuharakenta | 2013-09-08 21:15 | 詩、歌詞