「嘆きの天才」

つまらないことでも
何でも口にしたくなるよ
君を思っちゃうから

意識のないところで
大声で叫ぶのを
上手に聞こえないふり

歩くのもいやんなっちゃうし
生きるのもめんどくさいな
でもやめない
だってばかみたい
ばかでもいいって思わないから

泣いたふりしてたら泣いちゃったよ
悲しいふりしてたら笑っちゃったよ
どこまで行ってもなんにもないまま
あの日から僕は嘘つき

ひどく繊細な愛の言葉も
何にも言いたくなくなるよ
君を思っちゃうから

意識のあるところで
大声で叫ぶのを
コントロールできてないふり

苛々すんのはいやんなっちゃうし
また泣くのもめんどくさいな
だからわかんない
でも愛しちゃう
ばかみたいって思わないから

笑うふりしてたら笑っちゃったよ
歌うふりしてたら歌っちゃったよ
君へのかなしみやほころびで
すばらしい制作なんていやだ

数えないふりしてたら進んだよ
生きるふりしてたら生きちゃったよ
どこまでも行ってないのに行ったふりして
嘆きの天才気取り

それももうやめるよ

君を思っちゃうから
[PR]
by yasuharakenta | 2013-09-16 21:32 | 詩、歌詞