「秘密」

秘密のおおきな木の下で
僕らはときどき約束をした

どうして秘密じゃないといけないのかな
小さな声で君が言うと
いつもたまらない気持ちになった

君の二の腕を軽く掴んだ
誰の目線も気にしないふりをした
[PR]
by yasuharakenta | 2013-09-28 20:36 | 詩、歌詞