「よる」

月明かりはそのとき
僕らだけを照らしていたのに

逃げるように僕らは
光を避けていた

あれからずっと手探りだった
暗闇を愛した訳じゃないのに

じっと見つめると君が
ぼんやりと映った

涙の痕が残るから 涙を流さない
心に傷が残るから 言葉を交わさない

指紋は残らないから やわらかく触る
そのときの体温はじんわりと残るのに
[PR]
by yasuharakenta | 2013-10-11 23:26 | 詩、歌詞