「to」

静かな水の音で
触れられないこころまで

遠い駅の匂いで
時間をこえて今まで

ふかふかな雲の高さで
もう一つ上の空を見上げて

触れられる人の手で
触れられないところまで
[PR]
by yasuharakenta | 2013-10-20 23:30 | 詩、歌詞