「何にもない日」

物語の終わりを気にして君は涙ぐんだ
仕方がないねって今は言わない

食事の用意はしておくから
君はゆっくり泣いてていいのに

美味しい食べ物を一緒に準備して
涙も少し乾いたら

君に聞こえるだけの声で
言い聞かせる大丈夫 大丈夫

美味しい食べ物も全部消化して
会話も途切れたら

お楽しみはこれから
何にもない日のはじまり はじまり
[PR]
by yasuharakenta | 2013-10-29 20:48 | 詩、歌詞