「不可視」

この傷なんだろう
わかったふりをしていた

何年も経ったら
手足と同じくらい自分

こころはどこでもざわついている
夜を盗むディスプレイのライト

日中の青空の奥にある
星々を見出してあげられない

この傷なんだろう
わからないふりしてわからなくなった

何年も経ったら
手足と同じくらい自分
[PR]
by yasuharakenta | 2014-01-18 22:43 | 詩、歌詞