「液体に釘を打つ」

あなたがしんでも

なにもかんじなかったら

あなたはくやしくおもって

もういちどいきてくれるかしら


When I pretend to feel nothing about your death,
I wonder if you could live again.

[PR]
by yasuharakenta | 2014-02-02 22:43 | 詩、歌詞