「しばし球形」

終わらないおんがくはないような
終わらないおんがくにいるような
結局ぼくにはなにもわからない
わからないこともわかっていないはず

色は地続きで変化していく
たったの一色なのかもしれない
それならモノトーンだってしあわせ
簡単に絶望していられないほど

わからないことだらけのような
わからないことだけのような
結局ぼくにはなにもわからない
けれど止まってなくていい

行動の圏内と行動の圏外に
飛びこえられない亀裂が入っていたりしない
断絶しているのはぼくの思考
海と地面で続いている



[PR]
by yasuharakenta | 2014-03-06 21:59 | 詩、歌詞