「OMNI」

カーテンを貫く光の強さでぼくも貫いて
黒色の正体を誰かに証明されたい
そのまま光量をあげてぼくを消してみて
どうせ死なない範囲の甘えた遊び

光はきっと永遠に進み続けるって太田さんが言ってた
ぼくはそういえばはっとしたんだった
残るならぼくはどんな光になってみたい
そんないやらしさも残ってしまうか

もう少し頭が悪くなりたい
紆余曲折が多すぎて円が少し広がるだけ
誰かに届くまでに本当に
何光年もかかってしまうよ

太陽を見てみて

あの光がここにだけまっすぐ届いてると思っていない?
出てるよいつもの自意識過剰が
ここに届く力と同じだけの力で全方向に光っているんだ
君は間違ってもいないんじゃない

君の方法は時間かかるけど裏側だって照らせるよ
何に出会いたいかもわかっていない君にはぴったりだと思うけど
ビームの時代じゃないんだよ
救おうとしていない人も救えるよ 君なら



[PR]
by yasuharakenta | 2014-03-18 07:21 | 詩、歌詞