「紛れる」

桜が咲いて 風に飛ばされて
どこの桜かも わからなくなるほどに

強い風に こっそりと紛れて
あたかも近くに 居たかのように

あなたが掬う そのひとひらが
どうかわたしに なりますように



[PR]
by yasuharakenta | 2014-03-21 08:39 | 詩、歌詞