「助手」

脚本家も演出家も
役者も監督も
照明も音響も
観客もいなくなって

終わらないのに
続かない
未完のシナリオ
その台本が

水に濡れて
ぐちゃぐちゃに
なっていく

ぼろぼろと
ひとつに
なっていく

その度に
ドライヤーで
ひとり
復元させる

文字はもう
読めなくて
声ももう
聞こえなくて

それでも
再生されてく
途切れる
とこまで

終わらなくて
続かない
未完のシナリオ
その台本を

みんなに
配ったこと
ぼくは
信じてる



[PR]
by yasuharakenta | 2014-04-19 22:18 | 詩、歌詞