「風模様」

ハンガーに掛かる
僕と君の洗濯物の袖が絡まって
喧嘩をしているような
キスをしているような
とにかくおもしろくて
次に強い風が吹くまでに
君が起きたらいいなと思った

君が眠りに落ちる
そのスピードも僕は愛していて
眠る前のように
眠った後のように
なだらかに移り変わる
君が幸せそうにしてくれるなら
僕は幸せだなって思った

少しうとうとした僕を
先に起きた君はからかった
愛してるような
愛されてるような
とにかくすばらしくて
さっきの洗濯物の話が
どこかに行ってしまうほどに



[PR]
by yasuharakenta | 2014-04-26 17:34 | 詩、歌詞