「no switch」

おおきくなったとおばちゃんはいう
ぼくは地続きでぼくになった

変わらない悩み事と
変わらない隠し事と

すこし仕事を覚えたくらい
あとはなんにもかわんないんだ おばちゃん

これから何になるのと手帳がいう
ぼくは地続きでぼくになるのに

大人だって悩むさ
子供だって偉いぞ

すこしえっちになったくらい
あとはなんにもかわんないのに

決定事項は変更可能
古い手帳にそう書いてあった
あの時何になりたくて
どんな想いを込めたのだっけ

ちょうどよく答えは見つからない
ぼくは地続きでぼくになるから

ただ景色がすこしだけ
少しだけ鮮明になった

変化していく状態を
このままって呼びたいんだ おばちゃん


I have become me without breaking.
Will I have been changing without breaking?
Is there a necessary switch for me anywhere?




[PR]
by yasuharakenta | 2014-07-23 23:47 | 詩、歌詞