「junk」

おせんべいを袋のままぱんと割って食べます
割った後に一枚に戻るかをこの間試してみたんです
戻りませんでした
袋の中には細かい粉々が残っていて
大切そうではないそれらが欠落したからでした

心に形があったらこのおせんべいみたいだと思ったの
なんとか円の形をしていてもひどく割れていて
繋ぎ目になる粉々はいつか風で飛ばされてしまって
似たような粉々を見つけても
元通りひとつに戻るのはかなり難しそうで

必要な大部分を残しているのに
欠落ばかりに目がいくのはどうしてでしょう
音飛びをしてしまうCDのようです
たったそれだけの理由で
心を醜く思うのはかなりかわいそう

私の粉々をどこかに埋めてくれる人がいる
それもすごくロマンチックだけど
今のままの心で愛することができないなら
何かを手に入れても
乾燥は変わらないと思ったの


j



20140824 0031




[PR]
by yasuharakenta | 2014-08-20 00:31 | 詩、歌詞