「kind」

少し前ですが
地方都市に小旅行に行ったときの話です
地方都市ってちょっとかっこよすぎ!
宮城県です
ただの、って付けると悪いからやめました

海の見える街から仙台に向かって電車に乗っていたとき
(たしか、そうです)
空いている車内の向かいの席にお母さんと
そのひざの上にまだ喋られないくらいの小さな子供がいました
その子供が電車の天井をずっと見ていたんです

私その子供をすごいなぁと思って見ていたんです
子供って必要不必要とか、そんなの関係ないもんなぁって
あるいは子供って霊感があるらしいって聞いたことがあるからそれかもって
いずれにせよ、私はそういうのもうなくしちゃったのかなぁって
そう思いながら一応私も見てみたんです、天井

そしたらその電車ペイント列車で
天井一面に絵がたっくさん描いてあったんです
これかよ!
子供、普通に絵を見ていたんです
私、ものすごく驚きました

勝手にすごい人の扱いをして片付けてしまうのは
簡単でひどいことかもしれません
子供にはそれとなくごめんなさいを伝えておきました
それから車内の誰も気づいていなかった絵に気づいた子供に
やっぱりすごいねって正しく花丸をあげたんです


k



20140824 0115




[PR]
by yasuharakenta | 2014-08-21 01:15 | 詩、歌詞