「radius」

地球上に立っても
半径は30000分の1ほど増えるだけなんだそうです
私はなーんにも役に立てないや
と思いきや
地球は別に半径を増やしたいと思っていないらしいの

算数の教科書でね
円の面積の計算を紹介するページで
円の中にピザみたいな三角形を書いて(おうぎ形じゃないよ)
そのピザ一切れをどんどん小さくしていくと
余白もどんどんなくなって円に近づいてくという説明があったんです

私それいんちきじゃないかなって思ってたの
だって三角形と円って別物だもん
円は円だから
私が子供だから
その説明で納得させようとしてるんじゃないかって

けれど私はたぶん地球上にいて
自動的にここが円の上だと思ったことはありません
あの算数の教科書正しかったんだ
私はとっくに知っていたんだ
あの教科書の円上に描いた点よりも私はずっと小さい

宇宙のどこか
本当の平らな場所があったら
そこで見える地平線は
地球の地平線とは
全くちがってるのかな

玉乗りならすぐに落ちてしまうけど
地球は大きくて私は落ちたりしません
それは地球の優しさ?
なんて考えて
そのあと少し恥ずかしくなります

ウォータースライダーのはじめのような曲線を
歩きながら感じようと試してみました
これがとってもむずかしくて
地球はたぶん球体じゃない
そう言った歌手の気持ちに触れてしまったんです


r



20140831 2342




[PR]
by yasuharakenta | 2014-08-28 23:42 | 詩、歌詞