「この月」

もうすぐ次の月になるのを
それとなくよそみ
だって記憶の階層が
また一段奥にゆくから

よそみをしても
変わるものは変わるよ
けれどよそみをしたいわたしを
あなたは理解してくれる

柔らかな液体で
揺られているような
やさしい理解が
止まらないといいな

よそみは素敵だけど
よそみを素敵だと思った途端に
よそみは素敵じゃなくなるんだ
あなたとそう言った




[PR]
by yasuharakenta | 2014-09-30 23:39 | 詩、歌詞