「日付」


数ヶ月前から始まっていたクリスマスは
その余韻を全く残さずに終わった
25日と26日の境目で
撤収作業を命じられた人がいる

スーパーサンタの子供が
起きるのはサンタの真の出勤後
もしほしいものじゃないとしたら
確かにどちらも悲しい

サンタの存在のほんとうを
君はどこかで知るのだろう
心から寂しく思ってほしい
格好良いとも言ってほしい

クリスマスにも新年にも
君の幸せを願っている
大切な日付が増えるほど
祈りの回を増やしていける

今日がまた
特別なのになりますように
できたらまた
悲しくないやつで





[PR]
by yasuharakenta | 2014-12-26 23:58 | 詩、歌詞