「私だけの話」


手紙を置いていかないと
どう思うかくらい想像できたよ
だけどそれができなかった気持ちは
想像されないのかしら

荷物を整理しながら
涙だって流したよ
だけどそれが何の涙だったかは
あなたにもわからない

春でも夏でも秋でも冬でも
朝でも夜でも君でも君じゃなくても
もう関係なかった
もう私だけの話だった

付き合ってくれてありがとう
付き合えなくてごめんね
いつか本当の後悔をするよ
だから今もう行くね





[PR]
by yasuharakenta | 2015-01-27 23:21 | 詩、歌詞