「うねり道」


ずっとまっすぐいこうとして
壁をいくつか超えたら夕方になりました
しぶしぶ帰る帰り道が
いつもとちがってきれいでした

車いすのおばあちゃんが
坂道で手伝ってあげたらありがとうって
感謝をしなくても上れるぼくより
ずっとすごいと思いました

作文のひとマスあけるルールは
しなきゃいけないからではなくて
そのほうが読みやすいからなんじゃないかって
そう思ったら嫌いじゃなくなりました

永遠と一瞬って似ているんだって
それを聞いたときとても驚きました
だって全然似ていないんだもん
だけど知ってみたいって、ぼくは思っています



20150405 2233




[PR]
by yasuharakenta | 2015-02-05 22:33 | 詩、歌詞