「雨の文句」


一瞬だけ雪が降ったらしい
横にいた君が言ったから
俺はそれを見逃して
雨の文句を言ってたらしい

例えば君が嘘つきでも
信じてしまいたくなるのが愛
優しい君を例に挙げる
信じてもらえる要素ゼロの俺

ああ好きで付き合ったのに
どうしてこんなに冷えているの
両想いの奇跡を
手にした途端にね

恋人にだけ見せる裏の顔の酷さ
その程度の人間ってことだな
好きだから別れるとかも言わない
やなやつだな俺は


20150416 1029




[PR]
by yasuharakenta | 2015-02-14 10:29 | 詩、歌詞