「4.20」


あなたの住む街まで飛んで行けたらいいけどと言うけど
同じ街に住んでいてもあんなに苦しいのだから
あなたの住む街まで飛んで行ったところで
家の近くを数往復したら一泊して帰るのがオチ

しかも飛べないのだからどうしようもない
遠いところであなたの幸せを願うけど
あなたの幸せリストの中に名前が入っているのかと
気にしだしたら落ちついて祈ることもできない

認めたくないけどたぶんぼくはきみのじゃまもの
認めたくないけどたぶんぼくはきみにあえない
あなたの声を聞くことはもう一生ないかもしれない
それはやだなあ、でもたぶんおそらくそう

入れる順番を間違えただけでこんなにおいしくない料理
材料はすべて揃っていたのにな
あなたが死んでもぼくは触れることもできないはず
それもやだなあ、でもたぶんそう




[PR]
by yasuharakenta | 2015-04-20 21:36 | 詩、歌詞