「7.11」


なんだかわからなかった寂しさが
あなたが来た途端になくなった
わたしの胸に初めから
あなたの部屋があったんだった

家族も友達もたぶん恋人も
誰もそこを訪れなかった
だってわたしもその場所に
部屋があるって思わなかった

ドアの前に立って
手のひらで触れて
ノブを回して
当たり前のように

あなたが勝手に開けたんだ
禁断でもなんでもない部屋
だけどわたしに必要だった
あなたはたぶん知っていた?

時々映像で時々文字で
時々音で時々温度で
わたしに忘れられないレコード
永遠のあなたのための部屋




[PR]
by yasuharakenta | 2015-07-11 21:41 | 詩、歌詞