「7.14」


ドアを開けた瞬間の
違和感は色だった

非常階段の奥に
見たことのない夕暮れ

見たことない夕暮れ
何度か見たことある

あ、スーパーと紳士服店の
隙間から見える雲が

低くて暗くて
遠くの山みたい

カメラを取りにいけば
この瞬間は終わる

非常階段
少し上って

夕暮れのおわりを
見送った




[PR]
by yasuharakenta | 2015-07-14 23:28 | 詩、歌詞