「7.28」


池袋の駅から
徒歩13分のところに
外れると評判の占い師がいた

「お前なんで
 そんな仕事選んだんだって言われたから
 頭きて続けてやったわ」

「そのうち
 いい医者に会えるって言われたけど
 だめ医者ばかりだったわ」

「今の男なんか
 全然運命でもなんでもないって言われたから
 悔しくて結婚してやったわ」

池袋の駅から
徒歩13分のところに
外れると評判の占い師がいた

「あいつは
 今の仕事に文句つけたほうが
 がんばるって出たんや」

「あいつは
 だめ医者の多さに我慢ならんくなって
 自立するって出たんや」

「あいつは
 運命とかそんなんに任せたら
 だめになるって出たんや」

池袋の駅から
徒歩13分のところに
外れると評判の占い師がいた

「そしたら私
 あの頃よりずっと重要な役職
 任せられてるんだよ」

「だから私
 人に頼るのにはこりごりしちゃって
 自分でなんとかしちゃったよ」

「そしたら私
 小学校の時に思ってたお嫁さんより
 今しあわせだよ」

池袋の駅から
徒歩13分のところに
外れると評判の占い師がいた

「「「なんだあの占い師」」」


20150729 2239




[PR]
by yasuharakenta | 2015-07-28 22:39 | 詩、歌詞