「9.18」


手を伸ばさなくても
大体の物は纏わりついてきた
希望もわるぐちも強い
風に舞うチラシみたいに

手で風除けを作って
その風の中を進んでいた
その風の中を進む
ことが生きるみたいに

あるとき僕は恋をした
強い風の中の一目惚れだった
あの、の一言くらい出ると思った
あれどうして、出ないや

風の中で生きるのは
もっと偉いと思ってたよ
こんなにチラシもへばりついて
結構な距離歩いたんだけど

別にしたい生き方じゃなかった
なんにも偉くなかった
総合スーパーみたいな俺になっても
欲しい店がなければ意味なし

手を伸ばすことが
不要だったから伸ばさなかった
だけどもうだめおしまい
たぶんこれは恋だから

あの あの




[PR]
by yasuharakenta | 2015-09-18 23:39 | 詩、歌詞