「10.5」


好きなひとは底なしな気がするのに
きらいなひとはどうして底が見えた気になるのだろう

好きなひとはずっと追いたくなるのに
きらいなひとはどうして先が見えた気になるのだろう

きらいなひとにもないしょの過去が
聞いたら涙する過去があるかもしれないね

好きなひとはしゃぼん玉みたいなのに
きらいなひとをどうして重たい石みたく思うんだろう

重い石はハリボテ底は上げ底景色はカキワリ
どこか知らないうちとおく




[PR]
by yasuharakenta | 2015-10-05 23:39 | 詩、歌詞