「11.8」


夜だからそんなに人はいない雨のホーム
隣で外に手を振ってる女の人がいる
手を振る先に友達か恋人かいるんだと思う
時々休んで、また振った

外には看板もビルも植木もあって
ここからでも相手の姿は見えない
手を降る先は改札からも距離がある場所
そう簡単に見つかるスポットじゃない

そう簡単に見つけてないんだ
改札で別れてもお互いが恋しくて
看板もビルも植木も邪魔ができない場所を
何度か会ううちに見つけたんだと思う

遠くからも見えるように
彼女は大きく手を振っていた
彼女たちは帰ってからも連絡を取るけど
それとこれとはきっと別の話

夜だけどそれなりに人のいる雨のホーム
隣で外に手を振ってる女の人がいる
手を振る先に友達か恋人かいるんだと思う
時々休んで、たぶん笑った


20151110 2324




[PR]
by yasuharakenta | 2015-11-08 23:24 | 詩、歌詞