「11.12」


白色の鍵盤を息子がクレヨンで塗って
なんともサイケデリックなピアノになった
弾いてというから弾いたらわたしの指までサイケデリック
もー!って言って鏡の前で顔を触ってやった

緑色の葉っぱを息子が拾ってお金にしてた
少し前まで歩くのもできなかったけどよく見てるんだなぁ
何を買いに来たんですかと聞いたら電車ですと言われて何百万円札だよ!とツッコんだ
いつかこれも少し前のできごとになるんだな

黄色い人形の頭を息子が取って
中に水を入れてマラカスにしてた(マラカス知ってるの?)
リズムを指定してわたしはピアノを弾いてアンサンブル
すぐにパートをチェンジしてわたしたちはマルチプレイヤーになった

青色の青空を息子がクレヨンで描いた
青と水色で紙をはみだす青空だった
わたしは白いTシャツを着てその青空の横に寝そべった
息子は一瞬迷ってそれからわたしを青空にした


20151118 1311




[PR]
by yasuharakenta | 2015-11-12 13:11 | 詩、歌詞