「12.17」


親戚だからって気が合うわけでもないし
友達だからって伝わるわけでもない

天国にもやなやつはいて
あいつは困ったもんだとか言ってる

専門家だからって頼りになるわけでもないし
マッサージ師だからって効く訳でもない

第一志望にもやなやつはいて
現実という言葉で壊そうとしてきたりする

嫌なのに無力だったらいったん距離をとればいい
取っ替え引っ替えって表現が嫌なら柔軟と言えばいい

君の現実と彼ら彼女らの現実は違うから壊されなくていい
君が本気ならあの現実をそのうち君の現実でおおえばいい

気の合うやつなんかすぐになんかいない
すぐになんかいないけどいないわけない

それがイメージできないやつならやめてる
君にイメージできないはずがない


20151220 0004




[PR]
by yasuharakenta | 2015-12-17 00:04 | 詩、歌詞