「12.27」


彼は上手いことだけを話そうとして
とうとう喋らないでしんじゃった

彼女は完璧な歌声を聞かそうとして
とうとう歌わないでしんじゃった

彼は世界一の山を制覇するぞと言って
家からも出られなくなっちゃった

彼女はみんなを大好きになろうとして
自分を無視してしんじゃった

笑われて泣いてるけど
やめなくてもいいじゃん

自分自身があの中にいたら
同じように笑ったの?


20151228 2310




[PR]
by yasuharakenta | 2015-12-27 23:10 | 詩、歌詞