「2.7」


わかんないことだらけだった
ときどき青空とか夕焼けとか夜空に
泣きそうになって救われたけど
それ以外は大体難しかった

こんなに正しいのに伝わらない
そんなに間違ってるのに反省しない
今思えばわかることもわからなかった
仲良くなるのは反則だったから

好きとか嫌いってそんなに重要なのね
そりゃそうか俺も嫌いなやつは嫌い

視界に収まらないほどの宿題は捨てちゃった
必須栄養素だと思ってたアプリも消しちゃった
だけど僕らこうして幸せ だから幸せ 
軽くなりすぎてそのうち飛べるかもしんない

わからないってかっこつけてた
ときどき僕を好きって言ってくれた人
そのときはうれしくなくてごめんね
自分のことばかりでごめん

あいつはどうせっていう程度の信頼は
きっと信頼なんて呼べないんだよ

全種類揃えてたアルバムも減らしちゃった
連絡がなくても友達って思うようにしちゃった
だけど僕らこうして幸せ だから幸せ
笑いすぎてそのうちいい顔になるかもしんない

わかんないことだらけだった
だけどわからないままで別によかった
とりあえず仲良くなることがどれだけ大変で
どれだけ楽かを知らなかったんだね


20160408 1921




[PR]
by yasuharakenta | 2016-02-07 19:21 | 詩、歌詞