「2.17」


雨の音では
起きなかったの
あなたが言うなら
雨だったんでしょう

まだわたしが
確立されてないから
あなたが遠いと
不足してしまう

大好きや大嫌いは
昔はもっと明らかだった
曖昧になるボーダー
優しさと名付けましょう

あなたの匂いを
思い出したいの
わたしが言うから
間違いないでしょう


20160507 0000




[PR]
by yasuharakenta | 2016-02-17 00:00 | 詩、歌詞