「3.2」


花粉の季節になったのに
中学生が窓を開けて
卒業の歌かなんかを
練習してるのが聞こえる

さようならと言ったり
それ的なものを見つめたり
雲が流れたり
桜の花が咲いたり

どっかのおじさんとおばさんが
仕事で作った合唱曲なのに
繰り返しさせられた計算みたいに
何度も何度も歌う

きっと君たちは
というか僕たちも
身に付けるということを
身に付けていたのかも

変わっていく君たちが
いちばん繊細だ
誰かに馬鹿に
されても泣くなよ


20160526 2321




[PR]
by yasuharakenta | 2016-03-02 23:21 | 詩、歌詞