「4.2(HAPPY)」


物足りないならいっそ捨ててしまおう
百点に近いせいで渇望になるんだよ
十点なら二十点がうれしくなる
届かなくても幸せとかじゃなく幸せ

知りたくなるなら何も知らないでいよう
どの時間の好きな人も得たくなってしまう
ときどきだとメールもうれしくなる
いてくれるだけで幸せとかじゃなく幸せ

光の夜道で寂しくなるのは当たり前
音楽でもテレビでも埋められない日はある
お気に入りのコートの代わりを探しちゃだめ
新しい可能性を気に入って

強くなっても虚しくなるのは当たり前
隠していたい自分の癖を認めてほしくなる
弱さを愛してもらおうとも強さで愛そうともせず
訳もなく何かを好きになって

満足してるならいっそ下ってしまおう
百点でいるせいで恐怖になるんだよ
十点も二十点も他人の指標でしょ
誰かのための幸せとかじゃない幸せ


20160619 2214
20160620 2227




[PR]
by yasuharakenta | 2016-04-02 22:14 | 詩、歌詞