「何を偉そうに」


気がつくとそこは広い海でした
もちろんそんなことはありませんでした
夢からさめたらもういつもの日々
愛おしく思うのはdifficult

窓を開けることすらしないから
触れないところに埃が溜まってくのです
時間を気にして朝食と支度
日々が愛しいのは後天的でしょう

いきたいところないのに
口癖のような「どっかいきたい」
ほんとはやめたくないのに
やめたいと隙あらば言う

百円の飲み物をケチって
何のためだかわからなくなった
理由なんて最初からないのと
それで救われるような今じゃないんで


20160701 2058




[PR]
by yasuharakenta | 2016-04-09 20:58 | 詩、歌詞