「オン」


見積もり外れちゃったね
こんなに愛がかさばるなんて
初めてしたキスがもう遠く
最後のケンカからももう遠く

君がときどき弾くピアノ
僕はほんとは好きなんだ
弾いてって言うと恥ずかしがるから
これは僕の秘密だよ

積み重なったダンボール
汗だくで棚を組みたてる
君は説明書を回転させて
首まで回転させてるところ

ときどきをこれからは
見逃さないでいられるよ
子供がいたらいいかもね
いなくてもそれもいいかもね

夕方が終わろうとするから
初めて部屋に明かりをつけた
パッと明るくなったシーンを
僕は忘れないかもしれない


20160703 1304




[PR]
by yasuharakenta | 2016-04-12 13:04 | 詩、歌詞