「いつも通りはいらないよ」


お風呂に潜って息を止めるやつ
衰えてるだろうと思ってやってみた
そしたら軽々1分を越えたせいで
なぜか納得のいかない顔をした

私が今から同じだけ生きても
平均寿命にも全然届かないくせに
どうしてかここから下り坂だと
そういうもんだと考えてた

0歳の子が10歳になる次の10年を
手慣れたジョギングのように流してしまいそうだ
どうせ今そわそわしたって
ドライヤーしてる間に忘れちゃうけど

いつも通りを手に入れたくて
私は私になったんだろうか
明日誘われて断った
飲みにとりあえずいってみようか

どうせ嫌な気持ちになったり
どうせまた元に戻るけど
プロアスリートでもあるまいし
いつも通りはいらないよ


20160827 2357




[PR]
by yasuharakenta | 2016-05-21 23:57 | 詩、歌詞