消える日誌 11/21 火


① 今日書いた詩の紹介(題名をタップ)


贅沢

休みを合わせて
ふたりでだらだらしよう



いつでもいいから
またあおうね



東京の明るい夜だって
空の深さは同じさ
疑似的な黒色でも
星の波は揺れている


ここ数ヶ月は、別れる詩とか寂しい詩とかが、たぶん多かったと思うんですけど、
今日は、そういうのじゃない、素直な光の詩を書きたいと思って書きました。
なんとなく初期っぽいというか。
初期は特に「悲しいだけの詩は書かない」って決めてたので、当然かもしれません。


最近の詩です。
(これ以前のはすべて詩のリストに)

ーーーーーー


② 作業日誌

クリスマスイブのアコースティックライブバージョン、
本当に素晴らしくて何度も聴いています。
iTunes StoreにあるのでiPhoneかパソコンで試聴してみてください。

試聴といえば。
パソコンが出始めの頃は「試聴」っていう言葉でよく検索してたなあ。
公式サイトでさえ音のわっるいやつでね。
こうして1分半も簡単に試聴できるなんてすごいね。
売上が落ちたからって、音楽の価値が下がったと思う?


ーーーーーー


◎ もうすぐ新曲の予感




もうすぐ新曲の予感です。
それまで雲のパレードをどうぞ。



ーーーーーー


③ もうひとつのサイト

勉強が苦手な中高生のためのサイトを作りました。
なんでお前がって思うかもしれないけど、読んでもらえると分かるはずです。
何かと意外と大人も楽しいサイト。




[PR]
by yasuharakenta | 2017-11-22 06:40 | 連絡ノート