「鳴らしていて」


白しかない廊下の中腹で
僕らは互いの命に気づいてしまった
それはまるで夢のような喜びで
夢じゃないから恐ろしかった

好きなら好きって言っていいの?
愛してたら愛してるって言っていいの?
うん誰に止められたわけでもないけど
許されないことだと思ってたみたい

僕は君を嫌いにならないから
もしあなたに嫌われちゃったら
その悲しみは知らないほどふかい
嫌いにならないで

夢しかない未来の入口で
僕らは互いの涙を拾って捨てた
ねえ ねえとっても好きだよ
心臓を鳴らしていて


201611242340




[PR]
by yasuharakenta | 2016-06-21 23:40 | 詩、歌詞