「誰かが」


誰かが汚したトイレにうんざりする
すぐに拭きさえすれば嫌な気持ちがしないのに
念入りに手を洗って外に出ると
何かの行列が僕の邪魔をした

もう少し工夫すればうまくいくのに
誰かがちょっとやれば問題ないのに

部屋で呼吸のように携帯を見てる
せっかく通知をオフにしたのに余計見る回数が増えた
こいつも違うこいつも違うと選んでいるうちに
どうでもいいやつからも連絡がなくなった

寂しくならなきゃ気にならないのに
誰かがすくってくれれば苦しくないのに

現状が嫌なくせに
変化するパワーがああこんなに
笑わせもできないくせに
笑顔を消した数がああそんなに

誰かがしたらいいと思うことは誰もしてくれない
誰かがいてくれたらいいと思っても誰も手を伸ばしてくれない
また不満ばかり溜まっていっちゃうね
てめえは誰かの誰かになってもいないくせに

じゃあ僕が
じゃあ僕が
じゃあ僕がその誰かに
その誰かになってしまうよ

誰かがほしいから
ずっと見つけてほしいから
声をかけてほしいから
僕が誰かになってしまうから


20170101 1844




[PR]
by yasuharakenta | 2016-06-27 18:44 | 詩、歌詞