「ユースミイア」


朝焼けなんて見なくても
朝が来ることくらい知っていた
だけど何も信じられなくなる夜は
知識を無能にしてしまう

この世界のどこかに
友が生きているのも知っていた
だけど寂しさが全てに勝つ日々に
想像力も蒸発していった

百人の愛しい人がいても
君の失踪に僕は泣き続けるでしょう
百個の美しい思い出があっても
この空腹は治まらないでしょう

君から答えを聞かなくても
気まぐれもあることくらい知っていた
だけどあなたに会いたい会いたい
怖くて会いたくなくなるくらい

百人の愛しい人がいても
君の失踪に僕は泣き続けるでしょう
百個の美しい思い出があっても
君の未来で僕と会ってよ


20170124 2101




[PR]
by yasuharakenta | 2016-07-28 21:01 | 詩、歌詞